告別の日・・・出棺までのばして! | 川崎市の葬儀進行・アシスタント派遣ならセルディ

告別の日・・・出棺までのばして!

2013.03.03

出棺までのばして・・・・
料理屋が間に合わない!
そんなことを葬儀社に言われたことありませんか?
さあ、困った・・・
お別れを伸ばしてといわれても・・・
限度だある・・・
しかも、そういう時に限って
ご遺族は
ゆっくりお別れできるのはこれが最後です・・・・
はい・・・いいです・・・・もう
ということになる
どうしよう・・・・
私はこのご遺族の納棺にもかかわることができた
そのとき
おばあちゃん
詩吟を30ねんもしていたのよ・・・・といった言葉を思い出した
そう
私は詩吟は
クラウンレコード専属吟士
そこで私は
ご遺族にお話をして
吟じることにした
ふるさと
うさぎおいし
かの山
こぶなつりし
かの川
夢は今も眠りて
忘れがたき
ふるさと
~吟~
ふるさとって・・・いろんなことを思い出すんです
ご遺族は涙があふれて止まらなくなっていた
そして
時間がやってきて・・・出棺
みんなが泣いてる中
超面白かったのは
葬儀屋さん
え?だれ?CD?
え?鈴木が歌ってるよ~
おおはしゃぎ!!
おもわず笑いたくなった・・・
でも本当によかった
ご遺族を見送って帰ろうとしたら
喪主様が走ってきた
本当にありがとうございました
二人でないた
なぜか私も泣いていた
ありがとうの言葉
素敵な言葉
一生に一回のセレモニー
素敵な思い出として残してほしい
ひhとりひとり・・・・違う思いを乗せて
がんばれ!・・・

一覧へ